頭皮の臭いと酸化を防ぐには

酸化した頭皮

頭皮の臭いの原因

体内には活性酸素と呼ばれる物質があり、その増加が頭皮のイヤな臭いの原因になります。本来的には白血球から発生する体に対して必要な物質で、体内に侵入したウィルスを撃退するなどの役割があります。
しかし、一方で活性酸素が増えすぎてしまうと体の表面に対して悪い作用をもたらし、肌の皮脂を酸化させ、ニキビや肌荒れ、シミの発生などを招きます。なので美肌を求める女性にとっても大きなテーマではあるのですが、頭皮に関しても表面や毛穴の皮脂酸化が起こり、過酸化皮脂が頭皮表面に多く発生することで、その結果イヤな臭いの発生を引き起こします。

スポンサードリンク


頭皮の酸化と育毛への影響

頭皮の酸化は直接的には育毛活動に対して、悪い影響があるわけではありません。ただし臭いだけではなく、かゆみや湿疹などのトラブルにつながることもあります。かゆいことで指先で頭皮を頻繁に掻いてしまい、髪の毛にダメージをあたえたり脱毛を招いてしまうことも考えられます。なので予防的にも、酸化を防ぎ健康な頭皮状態を維持することは大事です。

酸化を防ぐには

日々の生活習慣の中でも活性酸素の増加を抑えるよう努力することは可能です。例えばお酒の飲みすぎに気をつけたり、日常的に適度な運動を行ったりすることが挙げられます。またタバコの喫煙も活性酸素を増加させることにつながりますので、極力避けたほうが良いと思います。より具体的な生活習慣の改善方法については、検索すれば詳しく記載されたサイトがたくさんありますので、そちらでご覧いただければと思います。
当サイトでは、シャンプーや育毛剤、または食べ物に含まれる成分の中で、酸化を防ぐ作用を持つ成分をご紹介します。

スポンサードリンク



抗酸化作用のある成分