フィナステリド

フィナステリド

概要

フィナステリドとは元々90年代前半に前立腺肥大を治療するために研究され開発された成分です。その後に男性型脱毛(AGA)への効果が認められ、臨床試験を経て90年代後半より世界中で脱毛症治療薬として販売されています。

育毛・発毛の効果と効能

育毛面に対する効果としては、前述の通り男性型脱毛(AGA)への強い効果が認められています。具体的な効果作用としては、薄毛の原因物質であるパルテノライドなどと類似したものですが、その中でも特に効果幅が大きい成分と言えると思います。

スポンサードリンク


ミノキシジルとの併用効果

ミノキシジルの解説でも書きましたが、色々な育毛サイトやSNSなどでミノキシジルとの相性が抜群といった説明がなされていることが多いですが、成分同士が効果を高めあうような相互作用の根拠となる研究やデータは特にないようです。
ミノキシジルがアプローチするのは毛母細胞であり発毛効果です。一方でフィナステリドの効果は上記の通り脱毛の原因となる酵素の抑制です。つまり、それぞれ役割が異なるためお互いの効果を干渉することがないという意味で相性が良いということは言えると思います。相性についてはその程度の話であり、2つの成分は比較的副作用が強いため、体質的な面や服用中の体調変化などを考慮に入れて、場合によっては代替の自然成分などを検討するのも大事だと思います。

L-リジンとの併用効果

L-リジンの服用は、髪の毛の根幹的な成分である動物性たんぱく質の摂取になり、また合わせてメカニズムは不明ながらフィナステリドの体内吸収率を高めることができると言われています。しかしながら、動物性たんぱく質は同時に脂肪を摂取することになり、上述の5αリダクターゼを生成させることにつながってしまうのですが、フィナステリドを併用することでその5αリダクターゼを阻害することができます。相互作用が効果的な2成分と言えると思います。

副作用・用量・用法などの注意点

主な副作用は、性欲減退や性機能障害があげられます。それ以外にも胃痛・腹痛や下痢、頭痛といったものが生じる恐れがあると言われています。また妊娠中の女性の服用はNGです。胎児に悪影響を与える可能性があります。(そもそも男性型脱毛に対する成分のため、女性は服用効果がまったくないのですが・・・)
ミノキシジルやノコギリヤシなど、副作用が強めの成分と併用する方は、用量に十分注意をすることをおすすめします。

スポンサードリンク



この成分が含まれる商品

類似作用が期待できる成分