ケトコナゾール

ケトコナゾール

概要

ケトコナゾールとは、抗真菌薬の1種です。抗真菌薬とはエイズなどで免疫低下状態の患者が、菌に侵されてしまった場合に投与される薬で、農薬としても使われることもあります。簡単に言うと極めて抗菌力が高い薬品ということになります。一般には、水虫や皮膚カンジタなどの治療薬にも応用されている成分です。

育毛・発毛の効果と効能

ケトコナゾールには育毛面にいて2つの効果があります。
1つ目は、頭皮細菌(かび)によるフケやかゆみ、炎症を治す効果です。上記の通り抗菌力が非常に強い薬品ですので、頭皮の菌に対しても大きな効果が期待できます。

スポンサードリンク

2つ目は、まだ具体的なメカニズムは判明しておらず、現在も研究が続いているのですが、男性型脱毛症(AGA)に対して効果があるようです。フィナステリドノコギリヤシと同様に、男性ホルモンを抑制し、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることができると言われています。

副作用・用量・用法などの注意点

ケトコナゾールは抗菌面、そしてホルモンバランスを変化させる面で強い効果がある分、副作用もあるので注意が必要です。まずは頭皮に塗布した場合、上記の通り細菌によるフケやかゆみ・炎症は当然改善させることができますが、体質的に合わない、刺激が強すぎるなどの理由から、それとは別要因の炎症が発生する恐れがあります。
また内服時にはノコギリヤシなどの副作用同様、男性ホルモンの抑制による生殖機能の減退や性機能障害が起こる恐れがあります。ケトコナゾールに限らないことですが、妊娠中の女性は、ホルモン変化を促す薬の服用はNGです。胎児に悪い影響を与える可能性があるため注意が必要です。

スポンサードリンク



この成分が含まれる商品

類似作用が期待できる成分