亜鉛

亜鉛

概要

亜鉛は人体における必須成分の1つで、欠乏することで味覚障害や貧血、皮膚炎、免疫力の低下など様々な病症を招きます。一方で十分に摂取することで免疫活性化や新陳代謝の向上などを図ることができますが、いずれも正常な状態を維持するという意味で、必要以上に摂取をしてもそれらの働きを高めることにはなりえません。近年ではサプリメントなどでも亜鉛は販売されており、まるでたくさん摂取した方が良いように錯覚する方も多いようですので、その点は注意が必要です。

スポンサードリンク


育毛・発毛の効果/効能

育毛面に対する効果は大きく2つあります。1つ目は髪の毛を生成する元となる成分の1つケラチンの合成です。よほど不健康な食生活などで極端に亜鉛が不足した場合に、発毛サイクルを崩し結果として薄毛につながるというもので、ほとんどの方にはあまり関係がない話です。こちらに関しても上述の通り、たくさん摂取することで発毛力が高まるかというと、そのようなことはありません。ちなみにワカメやコンブなどの褐藻エキスにも同じような役割があります。
2つ目の効果は、フィナステリドノコギリヤシと同じく、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成要素の1つである、5αリダクターゼという酵素の生成を阻害するものです。ただしフィナステリドやノコギリヤシと比べると、その効果は限定的な上に、後述しますが誤って過剰摂取をすると身体にダメージが与える可能性があるため、同じ効果を求めるのであれば、フィナステリドやノコギリヤシの摂取をおすすめします。

副作用・用量・用法などの注意点

亜鉛は普段の食事においてもナチュラルに摂取する成分ですので、基本的にはあまり気にしなくても良いのですが、育毛目的でサプリメントなどを常用するなどして、継続的な過剰摂取が続くとリスクの高い副作用があります。体内での化学反応の結果、銅や鉄の欠乏症を招き体内のミネラルバランスを崩す点です。鉄や銅が体内から減少すると免疫力が低下する可能性があります。亜鉛の1日の上限摂取量は30mgや50mg、また100mgなど諸説ありますが、育毛面においては、過剰に摂取しても効果の上乗せはほとんど期待できないため10~20mg程度に抑えた方が良いと思います。

スポンサードリンク



この成分が含まれる商品

類似作用が期待できる成分