頭皮の血行促進・血行不良と薄毛について

頭皮の血行促進

頭皮の血行不良と薄毛の関係

頭皮の血行状態と薄毛には密接な関係があります。
発毛や毛髪の成長は、毛母細胞の細胞分裂が繰り返されることで成り立っています。その細胞分裂は、頭皮の血管により供給される血液から(毛乳頭を経由して)栄養素を受け取ることが源となり、もし血行不良により頭皮の循環血液量が減少すると、その細胞分裂の停滞につながります。
毛髪の発毛~脱毛には成長期・退行期・休止期の3サイクルがありますが、細胞分裂が停滞することで、そのサイクルのバランスが崩れる可能性があります。成長期の期間が短くなり、逆に脱毛期間を含む休止期の期間が長くなります。毛髪全体のうち脱毛期間に滞在している髪の毛の割合が増えることで、いわゆる薄毛の状態となります。

スポンサードリンク


血行を促進させる方法

頭皮の血行を促進させるには、マッサージやヘッドスパのように物理的に働きかける方法もありますが、より効果的な方法は、その効能を持つ成分を頭皮に塗布することです。
下記の成分のうち、いずれかもしくは複数が含まれている育毛剤や育毛シャンプーを使用するのが手っ取り早いです。どの成分が良いかは、各成分が併せ持つ効能や、成分が含まれている商品内容・価格などを踏まえて判断するのが良いと思います。血行促進単独での効果が大きい成分としては、カプサイシン、センブリエキス、プラセンタエキスの3つが挙げられます。
保湿
カプサイシン(血行促進)
ニンニクエキス(血行促進、抗酸化作用、毛穴の洗浄、フケ・かゆみ対策)
センブリエキス(血行促進)
アルガンオイル(血行促進、抗酸化作用)
ニンジンエキス(血行促進、保湿、抗酸化作用)
イチョウ葉エキス(血行促進、抗酸化作用)
これらは頭皮に限定した血行促進ですが、その頭皮への血液循環量を増やす全身の血行促進もそれなりに効果的だと思います。定期的な運動や半身浴での体温向上、また脂質の少ない食生活などを、生活習慣に組み込むのも頭皮に良いことだと思います。

スポンサードリンク



血行促進効果のある成分