酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロール

概要

酢酸トコフェロールとは人工的に作られた合成ビタミンEの一種です。ビタミンEには、肌の酸化を防いだり、末梢血管の血行を促進させる効果があります。中でも酢酸トコフェロールは油に溶ける性質を持つため、化粧品やベビーオイルなどにも幅広く使われている成分です。医学的にはトコフェロール酢酸エステルとも呼ばれています。

スポンサードリンク


育毛・発毛の効果と効能

上述の肌への効果と同様に、頭皮に対しても抗酸化作用と血行促進作用が期待できます。頭皮の酸化を防ぐことは、かゆみ・荒れ・湿疹などのトラブルを未然に防ぐのと合わせて、頭皮の嫌な臭い抑える効果があります。また頭皮の血行を促進することは、毛母細胞への血液循環量を増やし、細胞分裂(=髪の成長)を活性化させることにつながります。
酢酸トコフェロールは、近年の育毛剤やトニック商品に配合されることが非常に増えてきております。

副作用・用量・用法などの注意点

直接的な副作用は無いものの、過剰に口腔摂取をすることで胃腸への負担や中毒症状が起こることがあります。また過剰摂取が骨粗しょう症を招く恐れがあるといった研究結果もあるようです。これらは極端な話ではありますが、各商品の容量・用法をしっかりと守り適量摂取を心掛けた方が良いと思います。また頭皮などに塗布する場合、人によってはアレルギー症状(アレルギー性皮膚炎)を引き起こす場合もあります。使用後に痒みやかぶれを感じた方は注意が必要です。

スポンサードリンク



この成分が含まれる商品

類似作用が期待できる成分